診療内容

保険診療
  • 内科一般
  • 皮膚科【にきび外来】
  • 循環器科
    【特殊外来】
    循環器科:若年型血管痙攣性狭心症の特徴(13〜20代)
    主訴:左頚部痛、背部痛、肩こり、時にめまい、心臓痛を訴えることあり。
    誘因:ストレスによる冠動脈のスパズムで、数回の治療で治癒する。
    20〜30代までは生活習慣病を起こす誘因が少ないためと思われる。
    治療はストレス誘因のスパズムを寛解させるオリキュロセラピー(耳針法)を数回(4〜7回)で症状は軽快して来院しなくなる。一度、治療を受けると2回目に来院し、ドアを開けて入室すると症状が軽くなったと言う。

    一般に、40〜50代をすぎて、ストレス誘発のスパズムによる血管痙攣性狭心症を治療することが多いので、心房細動を起こし易く、脳梗塞の予防に全力投球することになる。
    片頭痛の特効薬を服用する場合:片頭痛の場合は狭心症発作のことがあるので注意する。
  • アレルギー科【花粉症、ぜんそく外来】
  • 整形外科【ペインクリニック】土曜午後(整形外科専門外来)
  • 東洋医学【更年期外来、不妊、生理痛外来】
    狭心症の発作の恐れがあるため、近年では頚部痛の治療に牽引療法は整形外科では行わない。
    難治性のバネ指、手指腱鞘炎の速攻療法。
    (1)切開などの外科的な処置はしない。(2)手指の腫張があれば湿布して保存的に治療する。(3)入浴して患部を暖めて手指を動かす。(4)耳介針治療(オリキュロセラピー)をすると数回の耳介針治療で手指の屈伸が可能になり、更に治療を続けると手指の屈伸が回復する。
保険外診療

小谷クリニックでは、西洋医学と東洋医学(ハリ・漢方薬)を併用した療法、
特に耳針法を使った治療を中心に取り組んでおります。
耳介療法および体針療法を併用することにより治療日数を短縮できると考えたが、
実はハリ治療がスパズムによる痛みに対し有効でも、
筋肉痛や筋膜痛まで有効でないので、パップ・テープの併用が必要と判明した。

※一部、更年期障害の方は保険適用になるメニューもございます。

担当医
  • 小谷嘉一 医学博士・内科皮膚科・耳介療法研究者 プロフィール
  • 小谷明弘 医学博士・土曜午後(整形外科専門外来)・耳介療法研究者  プロフィール
診療時間
午前【10:00~1:00】 午後【2:00~7:00】
月曜日 院 長 院 長
火曜日 院 長 院 長
水曜日 院 長 院 長
木曜日 休 診
金曜日 院 長 院 長
土曜日 院 長 小谷明弘医師(予約制・不定期)
日曜日 休 診